楽天市場のふるさと納税ランキング

 

ふるさと納税 米 / ふるさと納税 和牛 / ふるさと納税 うなぎ / ふるさと納税 いくら / ふるさと納税 かつお / ふるさと納税 パン / ふるさと納税 マスク / ふるさと納税 地ビール / ふるさと納税 マンゴー / ふるさと納税 さくらんぼ /

楽天市場は『楽天ふるさと納税サイト』というふるさと納税ポータルサイトを運営してます。

ふるさと納税ポータルサイトはいろいろとありますが、『楽天ふるさと納税サイト』を利用するメリットがいくつかあります。

まず一つ目は、ポイント還元が多いこと!

楽天市場のユーザーならすでにご存じでしょうが、楽天市場ではポイントアップのキャンペーンがたくさんあります。例えば楽天カードの利用でポイント3倍とか、楽天スーパーセールやお買い物マラソンでポイント還元率アップとか、毎月5と0のつく日に買い物すると還元率がアップするとか。

最大30%分の楽天スーパーポイントを獲得することができるので、かなりお得です。

二つ目のメリットは、ふるさと納税の手続きが楽になる!ということ。

楽天市場のユーザーなら楽天会員情報を利用できるので、寄付者としての情報をあたらしく登録する必要がありません。楽天ユーザーじゃない方もこの機会に会員になってはいかがですか。

いろいろとお得ですよ♪


楽天ふるさと納税サイトの申し込みの流れはコチラをお読みください

自治体のふるさと納税ランキング

ふるさと納税 家電ランキング

返礼品で家電を取り扱っている自治体は以前より少なくなってしまいました。

というのも、2017年4月に総務省が還元率を30%以下にするよう通知を出した影響が大きいようです。家電は食品やフルーツなどに比べて単価が高いものが多く、還元率が下がると寄付金額もどうしても高くなってしまいます。そうなると寄付できる人が高額所得者に限られてしまって、寄付が減ってしまう可能性が高くなると考えたのでしょう。

とはいえ、家電を返礼品とする自治体もまだあります。

「ふるなび」というふるさと納税サイトでは、「家電特集」のページが用意されています。

共通パーツ

全てのページのコンテンツ下部に表示されるパーツです。

【管理人プロフィール】

お肉大好き!アラフィフのダンディおじさんです。ふるさと納税を始めたのは平成29年から。めんどくさそうで避けてたんですが、今思えばなんてもったいないことをしてたんだ!私と同じように面倒だと思ってる方のために、ふるさと納税の話をまとめていきたいと思います。

ページトップへ